ホンダJAZZ(ジャズ)のエンジンの調子が悪いのでエンジンコンディショナーをいれてみた。

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

最近、ジャズのエンジンの調子が悪いのでどうにかならないもんか?といろいろ調べていたらエンジンコンディショナーと呼ばれるものがあるそうです。

こちらは、エンジンをバラさなくてもエンジンの内部洗浄をしてくれるシロモノらしいです。

このエンジンコンディショナーをいれて、エンジン内部のスラッジ(ゴミや汚れ)を除去してくれるそうです。

ホンダ、ジャズにエンジンコンディショナーを注入作業。

エンジンコンディショナーをエンジンに注入する前にエンジンをアイドリングして暖めるそうです。

そして、エンジンが暖まったらエンジンコンディショナーを注入していきます。

本当はエアクリを外したところからエンジン内部に向けてエンジンコンディショナーを注入してようなのです。

でも、プラグを外したところから注入するともっと汚れとれるよ?みたいな事を書いていた記事もあったので、とりあえずプラグを外して注入。

シュー!っと。

汚れが泡と一緒に出てきますねー。あまり、注入しすぎるとプラグの失火原因になるとかいろいろさじ加減があるそうです。

エンジンがかからなくなりました。いや、これは、僕のバイクは一度アイドリングしてエンジンが暖まるとエンジンがかからなくなるという症状があるので、それが原因です。おそらく。

後日またエンジンをかけてみます。

エンジンがかかったらマフラーから白い煙がモクモクでてくるので、その白い煙が無くなるまでアイドリングするとだいたいの作業が終了です。

エンディング

さぁ、今回はエンジンの調子が悪いジャズにエンジンコンディショナーを注入さる作戦でしたが、エンジンがかからなくなっちゃったのでエンジンが快適になったかまだ、分かりません、、、

それでは、みなさんも良きリペアライフを。

その他のJAZZ(ジャズ)修理

JAZZ(ジャズ)の他の修理、メンテナンス作業もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

ホンダ、JAZZ(ジャズ)のマフラー脱着をしてメンテナンス。マフラー交換と作業の流れはおなじですよ。

ホンダのjazz(ジャズ)の6Vバッテリーの点検作業をしてみた

ホンダjazz(ジャズ)のオイル交換は特に干渉するようなものがないのでやりやすい。

ホンダのjazz(ジャズ)のクラッチ板の点検、交換をしようとしたけどハプニング発生、、

カブ系エンジンでおなじみのホンダjazz(ジャズ)のクラッチ調整

jazz(ジャズ)50のタペット調整(バルブクリアランスチェック)をしてエンジンのコンディションを整えよう!!

ジャズのキャブレターからガソリン漏れるので分解、掃除をしよう。

ホンダのJAZZ(ジャズ)のシリンダーヘッドをあけてエンジンの点火時期を正しくするためにポイント調整しよう。

バイクのジャズのボアアップ風景!

ジャズのプラグコード交換。プラグコードはプラグに点火するために必要なコード。

JAZZのバイクのガソリンホース交換の様子

バイクのjazz(ジャズ)はクランクケースの中に水はいりまくってなぜかジャネレータがサビサビ。

ジャズ(jazz)バイクのタンクのサビ落としは家庭用品でもできる??

ホンダのJAZZ(ジャズ)のブレーキランプの交換する時の作業風景。


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!ぜひフォローもよろしくお願いします^^

 

その他アプリ「SHOWROOM」でまいにち動画配信もしているのでぜひ遊びに来てください。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です