ホンダのjazz(ジャズ)の6Vバッテリーの点検作業をしてみた

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回はjazzのバッテリー点検です。ジャズのバッテリーは小さくて可愛いらしいですね。6vバッテリーがついていました。

さぁ、バッテリーの点検をしまーす。点検作業はバッテリー交換する時と同じ作業の流れなのでぜひ参考にしてくださいねー。

それでは、さっそくレッツ作業。

バッテリー点検の作業の流れ

ジャズのバッテリーはここにあります。10ミリのボルトが付いているだけです。交換しやすいですね。

さぁ、すぐにバッテリーがでてきました!!作業しやすいですね。青の配線がマイナス赤がプラスですね。

このジャズはGS-YUASAの6vのバッテリーを使ってます。6vなので必要最低限?な電圧でjazzは動いてる感じなんですかね??

このジャズはキックペダル発信のバイクです。

そして、バッテリー液の点検だけしておきます。

すごく分かりにくいですけどこの黒い影がバッテリー液です。

斜めにすると、

LOWERレベルくらいまではあるので、まぁ大丈夫そうですね。でもバッテリー液もうちょっと補充しておくことにしました。

ぶっといマイナスドライバーであけるか何かでつまむかで簡単に外れますよ

この穴からバッテリー液補充します^^3つとも開けます!!

前回バッテリー交換したのは3年前くらいです。さぁ、とりあえず点検は終わりました(^ ^)

エンディング

ジャズのバッテリー点検作業ははずすのも少ないから作業しやすいですね。交換するとしてもすぐできそうですね。安心安心。そんなジャズのバッテリー点検でした。

それでは、みなさんも良きバイクライフを。

その他のジャズ修理

ジャズの他の修理、メンテナンス作業もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

ホンダjazz(ジャズ)のオイル交換は特に干渉するようなものがないのでやりやすい。

ホンダのjazz(ジャズ)のクラッチ板の点検をしようとしたけどハプニング発生、、

カブ系エンジンでおなじみのホンダjazz(ジャズ)のクラッチ調整

jazz(ジャズ)50のタペット調整(バルブクリアランスチェック)をしてエンジンのコンディションを整えよう!!

ジャズのキャブレターからガソリン漏れるので分解、掃除をしよう。

バイクのジャズのボアアップ風景!

ジャズのプラグコード交換。プラグコードはプラグに点火するために必要なコード。

JAZZのバイクのガソリンホース交換の様子

バイクのjazz(ジャズ)はクランクケースの中に水はいりまくってなぜかジャネレータがサビサビ。

ジャズ(jazz)バイクのタンクのサビ落としは家庭用品でもできる??


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!ぜひフォローもよろしくお願いします^^

 

その他アプリ「SHOWROOM」でまいにち動画配信もしているのでぜひ遊びに来てください。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu

 

2 Replies to “ホンダのjazz(ジャズ)の6Vバッテリーの点検作業をしてみた”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です