ホンダjazz(ジャズ)のオイル交換は特に干渉するようなものがないのでやりやすい。

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回はjazz(ジャズ)のオイル交換についてです。オイルを交換するつもりはなかったんですけど、クラッチを確認するためにはオイルを抜き取らないといけないとのことなのでついでにオイル交換となりました。

ジャズのオイル交換はすごく作業しやすいですよー!!

そのオイル交換の作業の流れを記録してますのでぜひ参考にしてみてくださーい(^ ^)

さぁ、それではレッツ作業

オイル交換の流れ

基本的には以前に交換した僕の乗っているバイクのスーパーカブ90と作業の流れは一緒です。

カブ90のオイル交換の記事もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

スーパーカブ90のオイル交換方法。

まずは、現状のオイル量オイルの汚れを確認。

オイルレベルゲージはこちらから見ます。

オイル量は規定内にはいってますけど、オイルの汚れはすごいですね。真っ黒ですね。前回交換したのは2年前くらい??かな??

さぁ、オイルを抜く前に自作のオイル受けを準備。ダンボール、新聞紙、ビニール袋の6段階ティラミスです。

そして、メガネレンチ17ミリのソケットかなんかでエンジン下のオイルを抜くドレンボルトを抜いてと。

そして、ドレンボルトをなくさないように特別扱いして。

シャーと洗浄して、とりあえず今回はパッキンはそのままにしております。普段あまり走ってないからか?パッキンの形は綺麗でした。

そして、オイルが抜けきったらまたドレンボルトを締めてオイルを入れると作業完了(^ ^)

オイルは0.6リットル〜でも、僕はいまからクラッチをはずすのでおそらく、全容量の0.8リットルになると思います。

また、クラッチをはずす作業も近々アップするのでぜひチェックしてみてくださいね。

エンディング

今回はオイル交換作業の流れでした。僕はクラッチの状態チェックをするのにはオイルを抜き取らないと行けないのでついでオイル交換になりそうです。

それでは、みなさんも良きバイクライフを。

その他のジャズ修理

ジャズの他の修理、メンテナンス作業もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

カブ系エンジンでおなじみのホンダjazz(ジャズ)のクラッチ調整

jazz(ジャズ)50のタペット調整(バルブクリアランスチェック)をしてエンジンのコンディションを整えよう!!

ジャズのキャブレターからガソリン漏れるので分解、掃除をしよう。

バイクのジャズのボアアップ風景!

ジャズのプラグコード交換。プラグコードはプラグに点火するために必要なコード。

JAZZのバイクのガソリンホース交換の様子

バイクのjazz(ジャズ)はクランクケースの中に水はいりまくってなぜかジャネレータがサビサビ。

ジャズ(jazz)バイクのタンクのサビ落としは家庭用品でもできる??


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!ぜひフォローもよろしくお願いします^^

 

その他アプリ「SHOWROOM」でまいにち動画配信もしているのでぜひ遊びに来てください。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu

 

4 Replies to “ホンダjazz(ジャズ)のオイル交換は特に干渉するようなものがないのでやりやすい。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です