ホンダのJAZZ(ジャズ)のシリンダーヘッドをあけてエンジンの点火時期を正しくするためにポイント調整しよう。

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

さぁ、今回はジャズがなかなかスピード出して走ってくれないのでシリンダーヘッドをあけてポイントがあってるか確認する作業になります。

ポイント調整はエンジンの点火時期がちゃんと正しいかどうかのチェックになります。

シリンダーヘッドの内部について

シリンダーヘッドはこの部分です。

このフタをあけるのはフタの逆のところについてるボルトのところからはずします。

ボルトを緩めると外れました。

外したフタを洗浄。

 

こちらがカム

切りかけたポイントの◯が

こっちのACジェネレータのTの部分と切りかけがあった時に来てればポイント調整は問題ないそうです。

ちなみに、ポイント調整をする時はカムチェーンを緩めるためにこのボルトをはずすと油圧がぬけてテンションがなくなるそうですよ。

それであとはこちらのポイントの◯をあわせてやるといいですね。

オイルも漏れるのでカムチェーンが緩まったらすぐにボルトを締めるとオイルの無駄がなくなるんだとか。

ちなみにカムはこちらをあけると覗く事ができますよー。

エンディング

さぁ、今回はポイントチェックをするついでのシリンダーヘッド部分の紹介でした。

でも、ポイントは正しいようでした。なんでジャズのスピードがでないんだ??

それではみなさんも良きリペアライフを。

その他のJAZZ(ジャズ)修理

JAZZ(ジャズ)の他の修理、メンテナンス作業もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

ホンダ、JAZZ(ジャズ)のマフラー脱着をしてメンテナンス。マフラー交換と作業の流れはおなじですよ。

ホンダのjazz(ジャズ)の6Vバッテリーの点検作業をしてみた

ホンダjazz(ジャズ)のオイル交換は特に干渉するようなものがないのでやりやすい。

ホンダのjazz(ジャズ)のクラッチ板の点検をしようとしたけどハプニング発生、、

カブ系エンジンでおなじみのホンダjazz(ジャズ)のクラッチ調整

jazz(ジャズ)50のタペット調整(バルブクリアランスチェック)をしてエンジンのコンディションを整えよう!!

ジャズのキャブレターからガソリン漏れるので分解、掃除をしよう。

バイクのジャズのボアアップ風景!

ジャズのプラグコード交換。プラグコードはプラグに点火するために必要なコード。

JAZZのバイクのガソリンホース交換の様子

バイクのjazz(ジャズ)はクランクケースの中に水はいりまくってなぜかジャネレータがサビサビ。

ジャズ(jazz)バイクのタンクのサビ落としは家庭用品でもできる??


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール

ホンダのJAZZ(ジャズ)のブレーキランプの交換する時の作業風景。


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!ぜひフォローもよろしくお願いします^^

 

その他アプリ「SHOWROOM」でまいにち動画配信もしているのでぜひ遊びに来てください。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です