【実は簡単】クーラントが漏れていた日産、TC24セレナのラジエター交換。クーラントいれてエア抜きして復活

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

さぁ、今回はみんな大好き日産セレナのTC24セレナのラジエター交換です。「ラジエター交換って難しそう?」と感じる人がいるかもしれないですが、そんな事ありません。

ラジエターはずしてクーラント入れ替えてエア抜きするだけです。ちょっと整備したことがある人なら誰でもできますよ。

こちらが新しいラジエターです。

TC24セレナはなかなか古いタイプのセレナなので、今はどれくらいの人が持っているのでしょうか??

エンジンルームもなかなかの汚れですね、、、

とりあえず持ち物をメモしていたので、そのままブログに貼り付けときます。(工具は書いてないけどもちろんいります。)

持ち物。

バケツ

針金

M8ボルト

クーラント原液2リットル(あとは、水でok)

さぁ、さっそくラジエター交換作業をレッツスタートです。

TC24セレナのラジエターをはずしていく

まずは車のジャッキアップして左右のアンダーカバーをしました。

クリップやビスが抜け落ちていました。もともとは片側ビス3点とクリップ2点止めなもようです。

車、長年乗ってる車はないって言うのはよくあることです。メンテナンスをしっかりしないといけないですね^_^

ロアホースを外してクーラントを抜きました。ドレンコックがあるならそこから抜いてもいいですね。

こんな感じですね。

このときラジエターキャップをつけたままにしておくと、クーラントが一気ることはないのクーラントの受け皿の位置を調整しやすいです。

クーラントをだし終わったら(このセレナは水でしたが、、)ラジエータ下部にあるATFフルードのホース×外します。

ちょっと写真では分かりにくいですけど、、この赤マルの部分です。
このATのホースを外すとフルードが出てくるのでホースにM8くらいのボルトを突っ込んで栓をしておきます。

これを使います。

こんな感じですね。

2箇所あるので2本いりますね。どっちからもATオイルが漏れてきます。

それらを外したら電動ファンとラジエターの接続をはずします。

だいたい赤マルのとこにボルト2本で止まっていてあとは下のツメでささってるだけでした。(写真はあまりにも汚れているので磨いております。)

そして、アッパーホースを外します。

最後にサポートをとめているナット×4を外すとフリーになります。こんな感じでラジエター上部に車体とくっつけられてあります。

ちなみにこちらの白いものは漏れ止め対策のエポキシパテです。これをしていましたが、ガンガン漏れていたそうです。

よくある古いのと新しいのの比較写真。新しいのは綺麗ですね^^

このラジエターを取り外すときはいろいろ当たるのでバッテリーのステーだけはずしておくとはずしやすかったですよ^_^

あと、こちらのエアーダクトははずしておきました。

セレナのラジエター交換。取り付け手順

基本的には取り外した時と逆の手順で取り付けると問題ないです。でも、これを言っちゃぁおしまいなので、とりあえずこんな感じです。

ラジエターをとりあえずエンジンルームの中に入れ込む(ラジエターのツメをあわす)→ロアホースを取り付ける(下側のホース接続)→ATフルードのホース2本取り付ける→電動ファンとラジエターを合体車体に固定

そしてラジエターのエア抜きなどをして外したホース類に漏れがなかったら→アンダーカバー取付けると二度手間にならなくて済みますね。

もし、漏れてたら後からまたカバーはずさないといけませんからね、、

C24セレナの場合冷却水容量は7Lくらいだそうです。


なのでこちら。クーラント原液2L用意しました。

クーラント原液を少し残して全投入した後、水を
アッパータンク以上に入れます。
(残した分は希釈してあとでリザーバに入れます)

アッパーホースをもみもみすると水がどんどんはいっていってくれすよ。

さぁ、しっかりクーラントをいれたらエンジンをかけていよいよラジエターのエア抜きだ^_^

ラジエターのエア抜き方法

温度設定を最大HOT・風量MAXに設定し暖気して
エア抜きを行います。

エア抜きが不十分だとオーバーヒートの原因になるので注意が必要ですね。

エア抜きしてる時はリザーバータンクの量とかをしっかりみておかないといけませんね。

そして、エア抜きを終わらせるタイミングは僕はファンが回ったらそれでokです。

回りましたー!やったーー!これ回るまでに結構時間かかるんだ、、

たまにアクセルを踏み込むのもいいそうですね。僕はしませんが。

エア抜きが終わった後も最後にしっかりとクーラントがはいっているか確認して作業終了です。減っていたら満タンまで補充ですね。最後はラジエターキャップの締め忘れなく。

お疲れ様でした。

作業時間はエア抜きがすごく時間かかり、トータル2時間くらいかかってました。

エンディング

さぁ、今回はTC24セレナのラジエター交換をしました。

ラジエターそのものからクーラントが漏れているという事でまるごと交換しました。

これで、しばらくは快適に過ごせそうです。

それでは、みなさんも良きカーライフを。

その他の車の修理作業もあるのでぜひチェックしてみてくださ〜い。

スバル、プレオのパワーウィンドウスイッチの修理作業したんだ。交換方法にも使えるよ。

スバル,プレオのスピードメーターが動かなくなった時の対処方法!!


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です