スバル,プレオのスピードメーターが動かなくなった時の対処方法!!

軽自動車プレオのスピードメーターが動かなくなった時の対処法。というより直し方のメモがわりに残しておきます〜!!


まずは現状確認。
スピードメーターが動かなくなる理由はいくつか候補があるのですが、
僕の場合は、メーター裏にスピードメーターを動かすワイヤーがあるのですけど、そこがはずれてました。

まずは、プレオのインパネまわりのカバーをはずす為のスペース確保をしないとなのでハンドル上の赤矢印のパネルをずらせるくらいにします・

ここを緩めるのは裏の穴にネジがあるのでそこはずします。下からハンドル見上げるとこんな感じなってます^^

はずれたら次は、プレオのインパネまわりのカバーをはずして、赤マルのネジ2本をはずす!!⚠︎プレオの種類によって異なる可能性あります!!

そしてめくる!!!!とその前に。一つ白色のカプラーがくっついているのそいつをはずす。基本的に手ではずした方がいいです。変にマイナスドライバーとかつっこむとプラスチックが劣化していたりすると割れちゃう可能性があります、、、

そしてはずれたらめくる!!

そしたら、パネルがむき出しになります^^

そして、次はパネルをとめてる赤マルのネジ4ほんはずします^^

はずしたネジはちゃんと無くさないように、さらにどこのネジはずしたかわかるように自分ルールを決めて置く。

そしたら、スピードメーターを動かすワイヤーがはずれているのが見えました。このブログ1枚目と同じ写真^^

さっきのとこと赤マルのとこがくっつくとなおるスピードメーターのワイヤーが正常に動く可能性が高まります!!

でも、このままじゃ手をつっこんでもうまくワイヤーを差し込めないので、、そういう時はこの車の場合は横のナビを少しはずします!!完全にはずさなくても手が入るくらいで大丈夫^^

まずはこっちもパネルをはずす。このパネルは後ずけの社外品を無理やりつけてるだけなので、中のプラスチックがわれないようにこっそりとはずす^^

こうばさっと!

そして、ナビをつけてるネジをはずす!!

この車は2本でしかとまってなかったけど本当は4本でとまっています。欠陥、発見ですね!!ケッ。

この赤マルの上の部分です!!両サイドこんな感じでした、、あとでつけ直しときました〜^^ホームセンターで売ってるやつでサイズ合うやつなら大丈夫です^^

横のナビをはずしたらそこから手を突っ込んではずす。かんじんのはずして手を突っ込んでいる写真は夢中になっていたので写真が一枚もありませんがここまでできた人ならあとは、手を入れて差し込むだけなのでできるはずです。

代わりに一回乗ってみたいハーレーの写真をペタということでご愛嬌!!

差し込んだら、あとは現状、元どおりにもどす!!

これでほら動きました。記念に運転してもらってるところを助手席から記念撮影^^

これがスピードメーターが動かなくなった時の対処方でした^^

なんでも修理は実際作業される時は各自個人の自己責任で安全にしてくださいね〜^^

Twitterで@kawamuraryu #なんでも修理屋さん で検索してくれれば他にも修理いろいろあるのでぜひみてみてくださいね〜!!

3 Replies to “スバル,プレオのスピードメーターが動かなくなった時の対処方法!!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です