笑顔になるぜ手作り牛乳石鹸の作り方^^

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回は、ハンドメイドで牛乳石鹸を作るのに挑戦します^^みなさんもぜひ子供の自由研究とかで一緒にやってみましょう^^

手作り石鹸づくりのレシピ

今回の、牛乳石鹸を作るのに使った成分?原料はこちら!!(左から)

  • ひまし油
  • 苛性ソーダ 
  • 牛乳
  • オリーブオイル 
  • ココナッツオイル 
  • パームオイル 
  • 精製水

を使いました。

そして、器具的に使ったのが空ペットボトルとデジタル温度計と鍋です。

これらは、だいたい決まった成分を入れていきます!

今回の使用量は、

  • ひまし油 50g
  • 苛性ソーダ 70g
  • 牛乳 1本分
  • オリーブオイル 150g
  • ココナッツオイル 150g
  • パームオイル 100g
  • 精製水 120g

この成分はなんか、作りたい量とかによっても変わってくるみたいです。そりゃそうか^^

手作り石鹸づくりの作業

まずボウルに水を貯めといて、牛乳パックの上を広げときます。

まず、空のペットボトルに精製水 120gを入れてから苛性ソーダをちょっとづつ加えて(規定量まで)って混ぜていきました。そしたら化学反応ってやつで発熱しました。

空のペットボトルのフタを閉めて、さっき貯めたボウルの中ににつけて冷やしていきます^^

鍋にオリーブオイル 150g 、ココナッツオイル 150g 、パームオイル 100gひまし油 50g を入れて、弱火で加熱していきます。

オイルが透明になったら、火を消します。約45度くらいでいいそうです。デジタル温度計で計りながらやってみてください!

ボウルの中に冷やしてたペットボトルも温度だいたいも45度になったら、もうボウルから出していいそうです^^

加熱してた鍋にちょっとづつペットボトルで作ってた苛性ソーダの入った水を入れてって白くとろみが出るようになってきたらいいそうです^^だいたい15分みたいです。でも電動の混ぜるやつで混ぜないとめっちゃしんどいので注意!!

鍋の液体の表面がくっきりした線が作れたら、そっからまだ約10分も混ぜなダメみたいです。石鹸づくりってなんかずっと混ぜてた、、、、

鍋で一生懸命、混ぜた液体を拡げてた牛乳パックに入れて、牛乳パックのまわりをポンポン軽く叩いてパックの中の空気を抜くといい感じみたいです。←これポンポンやったんですけど、よ〜わかんなかったです、、、、、

それで牛乳パックのまわり冷めへんように牛乳パックをバスタオルでくるんで24時間ずっと保温しておくみたいです^^

それで、1日かなんか石鹸のコンディション次第で何日間か様子みて牛乳パックから、まだちょっとフニャフニャな石鹸を包丁かナイフかなんかで適当な大きさに石鹸を切り分けていきます^^

乾かす期間は、だいたい1ヶ月くらいだそうですよ。通気性のいい日陰とかで乾かしてくださいね〜!!俺は台所の下のとこにサランラップ添えて乾かしました。

手作り石鹸づくりの1ヶ月後

1ヶ月たったんですけどサイズが大きすぎたのか全然乾いてないので、まだ、ちょっと早いようですね、、、適度な大きさで乾かさんと大変な目にあっちゃいますね、、、、

なぜ、この緑ボウルを使ってるかというとなんか牛乳パックにはいりきらんかったんです!

手作り牛乳石鹸を作ったら、石鹸代金を安く済むかのと思ったんですけど、むしろ普通に買うより高くつきましたね^^でも、ハンドメイド石鹸って考えたら安いのかな??

子供の自由研究がてら親子で楽しく一緒に作ってみてはいかがですか〜??

その他のハンドメイドもあるのでぜひチェックしてみてください〜。

ティッシュケースの作り方をまとめてみた!!


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

ぜひフォローもお願いします^^

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

 

2 Replies to “笑顔になるぜ手作り牛乳石鹸の作り方^^”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です