姫路城のすぐ近くにある伝統の一族、酒井家にまつわる姫路神社

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回は姫路神社になります。この姫路神社には姫路城に行った時にたまたま見つけて立ち寄った神社です。

姫路神社?って感じだったんですけど、思わの歴史の偉人との出会いがありましたよー!!

さぁさっそく姫路城のすぐ近くにある姫路神社を散策散策〜。

姫路城の記事もあるのでぜひチェックしてみてください。

日本で最初の世界遺産で大人気の観光スポット真っ白な姫路城。

姫路神社について

姫路神社は明治になってから作られた神社なんですって。

姫路藩の藩主の酒井家が祀られてるそうです。明治に入って酒井家がみんな東京に引っ越しする事になったのがきっかけで建ったんですって。

姫路の藩臣大庄屋大年寄等が発起人となって「酒井さんが東京に行っちゃうなら祀らさせてもらおー」みたいな感じやったんですかね。

酒井家というのは藩からと地元民からも愛されキャラやったんかもしれないですね(^ ^)

そんなこんなで建てられたのが姫路神社なんですって。

姫路神社を散策

さぁ、姫路神社を散策していきましょー?

あっ!!なにやら胸像がありますよ。この人は酒井忠以さかいただざねという人だそうです。この感じは確実に何かしらのにお偉いさんですね^^

酒井忠以さかいただざねは播磨姫路藩の2代目藩主なんですって。江戸時代中期から後期にかけてバリバリやった人だそうですー!

18歳で姫路藩の家督を継いだ若くしてのスーパースターみたいですよ!!酒井家っていうのは姫路で大きい一族やったんですね。

酒井忠以さかいただざね絵画茶道の才能があったそうですよ。好きやったんですね(^ ^)

で、書き物も好きで22歳の正月からは日々の出来事天候を書いた「玄武日記」を書いてるそうです。

33歳の正月からは「逾好日記ゆこうにっき」ってものを書いてるそうですよ。逾好日記ゆこうにっきでは茶道の事とかも書いてるそうです(^ ^)

てことは今でいう役所に勤めながらもいろいろやりたいことのある酒井忠以は今でいう多動性のあるブロガーでもあったんですね!!エンタメおじさんですね。

こちら御祭神は、姫路藩の酒井正親まさちかと姫路藩酒井家歴代藩主になるそうです。

酒井正親まさちかは室町時代から戦国時代のバリバリの武将で徳川家康とも行動を共にしてた時期もあるそうですよ。

酒井家ってのは長く続くすごい家系の人なんですね。しつれいしました。

エンディング

さぁ、今回は姫路城のすぐそばにある姫路神社でした!!たまたま辿り着いたところでしたが、思わの偉人とのでありましたね。

酒井家の地に降り立ったような感じになりました!!姫路城に行った時はついでによってみたらいかがですか(^ ^)

それではみなさんも良き旅ライフを。

他にも歴史散策してる記事があるのでぜひチェックしてみてくださーい。

僕の生まれ育った町にある長い年月、岸部にそびえ立ち続ける吉志部神社。

京都に幕末の志士達のリスペクトの地、維新の道にある霊山護国神社があった。

和と洋の融合の寺院!南禅寺

夢がきっかけで建てられた清水寺?

「ねね」の優しさで溢れた高台寺


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です