あの天下の江戸幕府をひらいた徳川家康のお母さんである於大の方。

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回は「於大の方おだいのかた」って人についての記事です。ん?誰??状態ですよね??この人は、なんとあの徳川家康のお母さんになります。

伝通院に行った時にお墓があったという事で記事にしてみました。

伝通院のに行った時の記事はこちらをチェックしてみてください〜。

徳川家ゆかりの女性の墓がたくさんある東京の文京区にある伝通院。

さぁ、今回はそんな徳川家康のお母さんである「於大の方おだいのかた」がどんな人だったかレッツリサーチャー。

於大の方について

於大の方は戦国時代から安土桃山時代を生き抜いた人なんですって。松平広忠まつだいらひろただ正室だそうですよ。

松平広忠まつだいらひろただは戦国時代の武将で岡崎城主なんだそうです!そして、もちろん徳川家康のお父さんですね(^ ^)

於大の方のお父さんは水野忠政は松平家と「もっと関係を深めたい深めたい深めたい」ってなって娘の於大の方おだいのかたをお嫁にだしたそうです。

よくある、政略結婚ってやつですね。

でも、それで結婚したけれど徳川家康が生まれてからしばらくして、於大の方おだいのかたの家系の水野家のお父さんの水野忠政が亡くなった事もあって今度は「織田家につきたいつきたい」

って事で、水野家が松平家を離れて織田家について於大の方が気まづくなっちゃったそうです。

それで、松平広忠がそれを気づかったのか?於大の方と離縁をしたそうです。

それで、離縁して割とすぐにお兄ちゃんの意向もあって阿古居城の城主の久松俊勝と再婚したんですって。

戦国時代の女性は大変ですね、、、

ずっと松平家と離縁してからは徳川家康とはずっと離れて暮らしていたそうですよ。

それで、時が流れて、なんと松平家と織田家が手を組むようになって、於大の方と徳川家康はまた、親子の再開をはたしたそうですよ。

家康が於大の方を岡崎城にお母さんとして城に迎えいれたそうです。

めでたしめでたしですね(^ ^)

エンディング

さぁ、今回は徳川家康のお母さんである於大の方おだいのかたについての記事でした。

徳川家康の母としていろいろリサーチャーしてたらなんか、調べていくうちに戦国時代の女の人は大変やなぁって感じる結果になりました。

そんなこんな於大の方をいろいろ知って東京の文京区にある伝通院寿経寺にも足を運んでみては??

それでは、みなさんも良きヒストリアを。

その他の偉人

その他の偉人関連の記事もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

アニメとかゲームとか漫画でよく登場する新撰組の凄腕剣士の斎藤一。

実は坂本龍馬とともに薩長同盟の立役者だった武闘派の中岡慎太郎。

明治から大正にかけて279回もお遍路した中務茂兵衛。

少女時代に結婚したけどいろいろ苦労した秀頼と忠刻の妻、千姫。

神戸にある孫文記念館を散策

日本の牛鬼伝説について

親鸞和尚のいる清水寺近くにある霊山本廟をもとに親鸞を学ぶ。

姫路城に日本を代表する播州皿屋敷の話にでてくるお菊の井戸があった。


Twitter@kawamuraryu 他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

“あの天下の江戸幕府をひらいた徳川家康のお母さんである於大の方。” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です