yahoo!などで小学生たちによく検索されているフランスの点字の発明者、ルイ・ブライユ。

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回は現代の使われてるタイプの点字の発明者のルイブライユです。ルイブライユは子供たちが最もyahoo!で検索する単語でもあるそうです。

なぜ!!!?

今回はそんな点字の発明者で日本の子供たちもみんなが調べるルイブライユがどんな人かさっそく負けじとレッツリサーチ。

ルイブライユについて

ルイブライユは1809年にフランスのパリのクーブレイっていう村で生まれたんですって。

3歳の頃に父親の工房で遊んでたら誤ってキリで目をついちゃって失明しちゃったそうです。さらに5歳に感染症で両目を失明しちゃったそうです。

でも、そこからルイブライユはポジティブに点字の素晴らしさを体感したんでしょうね。

ルイブライユが点字の発明のもとになったのがシャルル・バルビエって人の12点点字をもっと簡単に使える6点点字って方式に変えれるんちゃうか?ってなって実際に変えたんですって。

これは、誰でもより簡単に使える画期的な発明なんだとか(^ ^)

この6点点字というのはこれまでの12点点字と違ってちょうど指先で触れれるサイズに改良されてものすごく使いやすくなったんだとか。

もともと点字は軍事目的で開発。

シャルルバルビエの点字はもともと軍事目的で開発されたんですって。

夜間でも人間の触覚だけで指令とかがわかるように秘密保持の暗号やったんですって。

この、点字を「ん?ちょっと待てよ?これ、目の不自由なかた達に役立てれないか?」って事で盲学校に持ち込んで12点点字が完成したそうです。

最初は軍事目的で今は日常生活の役にたってるっていうのはいろいろありますけど点字もその一つやったんですね。

エンディング

さぁ、今回は小学生の学習にでてきてyahoo!でかなり検索されていると言われているルイブライユについてでした。

小学生の教科書にルイブライユの題材が扱われてるから大人が知らないけど今の子供たちは知っている現象が起きているそうですよ。

さぁ、今回はそんなルイブライユでした。

それでは、みなさんも良きヒストリアを。

それでは、みなさんも良きヒストリアを。

その他の偉人関連の記事もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

http://www.ryuchanchan.com/legend/kondouisami/‎

強行政治?をしたといわれる井伊直弼のざっくりした教科書に載ってる歴史的な行動。

「伝説のパンクロッカー」のような生き様の新撰組の最強剣士のモテモテ男、沖田総司。

新撰組の「鬼の副長」の異名を持つイケメン剣士の土方歳三。

アニメとかゲームとか漫画でよく登場する新撰組の凄腕剣士の斎藤一。

実は坂本龍馬とともに薩長同盟の立役者だった武闘派の中岡慎太郎。

明治から大正にかけて279回もお遍路した中務茂兵衛。

少女時代に結婚したけどいろいろ苦労した秀頼と忠刻の妻、千姫。

神戸にある孫文記念館を散策

日本の牛鬼伝説について

親鸞和尚のいる清水寺近くにある霊山本廟をもとに親鸞を学ぶ。

姫路城に日本を代表する播州皿屋敷の話にでてくるお菊の井戸があった。


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

“yahoo!などで小学生たちによく検索されているフランスの点字の発明者、ルイ・ブライユ。” への10件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です