実はもともとは今の大阪城の建ってる場所にあった「いくもっさん」で同じみ生國魂神社

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回は大阪にある生國魂神社です。いっつも僕は「いくたま、いくたま!!」と呼んでたんですけど、正式には「いくくにたま」なんですね。

しつれいしました。地元では「いくもっさん」っていう名前で親しまれているそうですよ!

さぁ今回はそんか名前のすごくかっこいい生國魂神社を散策散策〜。

生國魂神社について

豊臣秀吉が大阪城を築城してから今の場所に生國魂神社は移動したんですって。

昔はこの生國魂神社は今の大阪城が建ってるとこにあったんですって!!プチ移動したんですね(^ ^)

大阪城の記事もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

大阪城を歴史散策してきました〜^^

生國魂神社はいつ創建されたかっていうのははっきりと分かっていないそうですよ。

でも、かなり古くからある神社ってのは研究者達も自信まんまんだそうです。その理由はなんと、あの神武天皇の東征時に創建した的なことだそうです。

東征っていうのは大和(今の奈良県)遷都を目的とした遠征のことを言うそうです。

神武天皇といえば初代天皇ですよね。この時代の感じの絡み方からして生國魂神社は日本最古級の神社なんでしょうね。

生國魂神社が最初に歴史の記録に登場するのは日本書紀からだそうですよ!!

生國魂神社を散策

さぁ、生國魂神社を散策して行きましょー!!

どーんと鳥居がありました!!この生國魂神社は大阪の上町台地っていうところになるそうですよ。

昔は、この辺は半島に位置する感じになるんで、ちょっと行くと海やったそうですよ(^ ^)

さぁ、中に入るとすぐに拝殿がありました。手前が拝殿で奥に見える屋根が本殿だそうですよ!本殿は生國魂造の建物なんですって。

そして、拝殿を横にそれて行くと。

上方落語発祥の地の石碑がこんなところにありました。

どうやら米澤彦八さんという方が上方落語の祖といわれてるんですって。その石碑がありました!!テンションあがりますね(^ ^)

神社の境内に小屋を建てて大道芸とか見世物芸してたのが始まりとされてるんですって。

大名のモノマネとかしてたそうですよ!!「うぉーめっちゃ見てみたい。」

昔も今もお笑いっていいですね(^ ^)うんうん。

それにしても米沢彦八さんという方はすごい人なんですね。今でも、「彦八まつり」というのが開催されているそうですよ。

生國魂神社に行く時は「上方落語発祥の地 米澤彦八の碑」は要チェックですね(^ ^)

同じく大阪にある芸人さんゆかりの地の玉造稲荷神社の記事もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

玉造稲荷神社は芸人さんゆかりの地^^

こんなところに江戸時代の俳諧はいかい師の井原西鶴の銅像がありました。教科書にもでてくる有名人ですね。

俳諧っていうのは江戸時代に栄えてた文学形式なんですって。趣味とか遊びでやってる人のことを「遊諧」っていうそうですよ。

なので井原西鶴は俳諧師なのでいわゆる俳諧のガチ勢ってやつなんですね!!遊諧でやってる人からしたら「この人マジな人やん、、、」ってなって他でしょうね。

サッカーを学生時代にバリバリやって選抜にも選ばれてたような人がインターネットとかで個人募集で開催される参加費2000円のフットサルに参加する感じですね。

うんうん^^

なんと、そのガチ勢の俳諧師の井原西鶴は生國魂神社で一昼夜独吟いっちゅうやどくぎん 4000句を成し遂げたんですって。ギネス認定ですね!

「一昼夜独吟」ってなんか必殺技みたいですね。

「一昼夜」っていうのは24時間とか丸一日という意味だそうなので井原西鶴は生國魂神社で24時間ずっと吟じる必殺技を使ってたんですね^^

織田作之助の銅像もありました。織田作之助は大阪生まれの小説家だそうですよ。今では織田作之助賞みたいな賞も設けられているそうですよ。

他にも境内にはいろいろな社がありましたよ!!

子供達がいっぱい授業でしょうか??絵を描きにきてました!!こんな感じで広場でまったりする事とできるんですね。

境内には

  • 皇大神宮
  • 住吉神社
  • 天満宮
  • 祐徳稲荷神社ゆうとくいなりじんじゃ
  • 源九郎稲荷神社げんくろういなりじんじゃ
  • 精鎮社せいちんしゃ

があるそうです。こんな感じで生國魂神社を散策してきました。生國魂神社は地元の人たちや観光客で賑わっていました^^

エンディング

さぁ、今回は生國魂神社でした。大阪城にもともとあったということや、かなり古い歴史のある神社って事がわかりましたね。

この生國魂神社でも芸人さんの小屋の元祖のようなものがあったなんて親近感もわきわきですね。今回もいい歴史探訪でした。

それでは、みなさんも良き旅ライフを。

大阪の他の記事もあるのでぜひチェックしてみてくださ〜い。

天王寺区ににある萬福寺は新撰組のお泊まりスポットだった。

プロイセン王国と外交問題にまで発展した大阪、吹田市にある釈迦が池。

僕の生まれ育った町にある長い年月、岸部にそびえ立ち続ける吉志部神社。

キリシタン大名もいた大阪の高槻城の跡地を散策!

箕面山にある「箕面の滝」や「瀧安寺」や「西江寺」を散策!

大阪の日本最初の仏教伽藍。四天王寺

大阪市内に貝塚があったのか森ノ宮遺跡。

大阪の大塩平八郎ゆかりの地を散策!!

1970年の大阪万博にタイムスリップ^^


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

One Reply to “実はもともとは今の大阪城の建ってる場所にあった「いくもっさん」で同じみ生國魂神社”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です