行くと「壮大」って言っちゃうグランドキャニオンへ!!

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回は足を運ぶと誰もが「壮大な景色やな〜」と関西弁でつぶやいてしまうグランドキャニオンです。グラキャンですね。グラキャン^^

グランドキャニオン国立公園は1979年に世界遺産に登録されてるんで今回は世界遺産シリーズですね^^

グランドキャニオンの地球規模な歴史

グランド・キャニオンはなんやかんやアリゾナ州の北部にあるんですね^^

写真の地層は先カンブリア時代からペルム紀までの地層が肉眼で見えてるんですって。地球の歴史を感じることができますね。

グランドキャニオンはコロラド高原が長い年月をかけてコロラド川によって浸食されてで削られてできた地形なんですって^^侵食が始まったのは4000万年以上も前の話なんですって。僕が生まれるちょっと前ですね!!

ロア・アンテロープキャニオン

ロアアンテロープキャニオンは地層の中に入って行きます。さあ行ってみましょう。

この中入って行きます!!へ??ってなりますね

もちろん階段はあるのでそこから、それ!!

はい!神秘!!

地層の中に入って行くとこんな感じ!!神秘っぴな写真ですね!!ぱっと見何が何かわかんないですけど、これは地層の中です。現役のネイティブ・アメリカン人と同行すると入れてもらえます。

 

体内みたいですね^^ご飯消化してくれそうですね!!

さあ出てきました!!改めてこんな中おったんやって感じですね^^

このロア・アンテロープキャニオンは先住民のナバホ族の少女が1931年に発見したんですって。これが、現在ロアー・パンテロープ・キャニオンと呼ばれている場所でした。それで、そのあとにアッパー・アンテロープキャニオンのあの巨大な山の裂け目が発見されたんですって!

1931年って結構、見つかったのは最近なんですね!!地球規模で見ると。あっ!俺の感覚も壮大なってますね^^一人称「俺」って言ってるし。!!

でもこの少女の発見がこの人気観光地の始まりなんですね。その少女に「国民栄誉賞」をプレゼントですね。

ホースシューベンド

ホースシューベンドにやってまいりましたね^^

この流れている川こそは、そうコロラド川です。時期によったらこのホースシューベンドはコロラド川をラフティングするツアーがあるからボートがウイーンってコロラド川を走ってることもあるみたいですよ。

この地形はコロラド川が削ってこんな感じの形なったそうですけど、どう削ったらこんな感じなれるんですか〜ね?自然が考えることはよ〜分からんですね。

ホースシューベンドのこの形は『馬蹄型ばていけい』って言うんですって。パッと見、読み方よ〜分からんですね。

ホースシューベンドのあの馬蹄型ばていけいの場所は駐車場から30~40分くらい歩きました。遠いぜ!!でも、なんやかんや壮大やからあっと言う間につきました^^

それにしても中々の砂漠ですね。

あの奥の穴がホースシューベンドのとこなんです。人が吸い込まれていってるようですね!!

エンディング

今回は、地層の世界へようこそって感じの観光地のグランドキャニオンロア・アンテロープホースシューベンドっちの旅でした^^ぜひ、地球を体感しに言ってください^^よっ!壮大マン^^

アメリカ旅行の際は、こちらもぜひ〜参考に^^

全米の凶悪犯が収監されてたアルカトラズ島!!

壮大な大自然のヨセミテ国立公園を散策。

みんな憧れのパワースポット!セドナだ^^

最高気温を保持してるデスバレーに行った時の一連の流れ


Twitter@kawamuraryu 他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!!

 

 

“行くと「壮大」って言っちゃうグランドキャニオンへ!!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です