蓮池潭にそびえ立つ龍虎塔を散策!

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回は、台湾の高雄にそびえ立つ龍虎塔りゅうことうです。台湾の高雄まで足を運ぶ人は龍虎塔りゅうことうには行っちゃうんちゃいます??

台北からも高速鉄道やら新幹線みたいなんで90分くらいで着くようですよ。台北からのアクセスも近いんじゃないですか^^台北にいった人はついでに寄れる感じですね〜。

さあ、さっそく蓮池潭と龍虎塔に行って来ます^^

蓮池潭れんちたんとは

清朝時代の1686年に孔子廟を建立する時に、池に蓮を植えられてるから「蓮池潭れんちたん」と呼ばれるようになったんですって。「蓮池潭れんちたん」の「たん」はの意味なんですね。

蓮の葉がいっぱいある池なんやくらいで覚えていたらいいんじゃないんですか??

蓮池潭を歩いていると、蓮池潭のとこに龍虎塔がそびえ立ってますよ〜!

龍虎塔に到着

この、龍虎塔は「龍から入って虎から出る」っていうオフィシャルルールがあるんですって。

この龍の口から入るのはちゃんと理由があるみたいですよ。台湾は十二支の中で一番、善良な動物が「龍」なんですって。台湾では辰年は縁起が良い年なのでベビーブームになるそうですよ?12年に一度のベビーブームですね^^

僕も名前が龍なんで、龍が龍に入っていく〜みたいなね^^そうそうそれそれ〜!

ほんで反対に虎は一番、凶暴な動物ってなってるんですって。

龍の口から入り、虎の口から出ることにより、 自分のこれまでの悪戯が清められて災いも消えて無くなっていい感じになっていくって考えられているみたいですよ〜^^

龍虎塔の内部へ

さあ、龍虎塔の内部に入ってきました〜!この壁の絵は中国の有名な物語なんですって。龍と虎の塔の両方にこの絵があるんですけど、龍の塔が地獄の絵で虎の塔が天国の絵になってました。

これは、地獄に入って天国から出ましょうと?みたいな事なんですかね。なんか、文字が博多弁になったんですけど、とりあえずこのままにしておきますね。

上から景色も見れますよ〜!蓮池潭を一望できましたよ^^ちょっと写真が暗くて分かりにくいかもしれないですけど、池の上に蓮の葉がいっぱい見れますよ〜。

龍虎塔の入り口まではジグザグな橋が繋がっててたんですけど、「なんでジグザグ?嫌がらせ?」って思ってたけど、このジグザグに意味があって魔物はまっすぐ走れないから橋をジグザグ曲がってるんですって。

、、、よく意味は分かりませんけどとりあえず意味があるならそれでいいかって感じですね^^

こんな感じに360度ベランダ?状態になっています^^友達と来たらそれぞれ別々に塔の上に登ってヤッホー合戦ですね^^

虎の塔から悪戯が清められた人達が出てきていますね〜!

エンディング

台湾の龍虎塔は入場料は無料で観光できて、みなさんも龍から入って虎から出にいってみてください〜!龍虎塔の夜は塔の中に営業時間外なので入ることはできないですけど、ライトアップされてるみたいですよ。

写真でみましたけど夜の龍虎塔はキレイでしたよ^^

台北に行ったらそのまま高速鉄道やら新幹線で龍虎塔にアクセスしちゃってください〜^^

台湾に旅行に行った時の九份の記事もあるのでぜひチェックチェックしてみてくださいね〜^^

赤提灯まみれの町、九份^^

 


Twitter@kawamuraryu 他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!!

“蓮池潭にそびえ立つ龍虎塔を散策!” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です