SafariでURLのところに「安全ではありません。」と表示される理由。

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

最近、Safariでいろいろなwebサイトを見ているとよく「安全ではありません。」と表示されています。これは、iOSの最新版「iOS12.2からの新機能になっているそうです。

どういう時にこの、

安全ではありません。

と表示されるかというと、

暗号化されていないWebページを読み込むと、このような警告としてこのように表示されるそうです。

「http://」のwebページは暗号化されていないためこのように、

安全ではありません。と全ページに表示されるようになったそうです。それで、このページも安全ではありません。と表示されるのですね、、、

こちら灰色の字で書かれていますけど、

赤で安全ではありません。と表示されている場合はより、強い警告になるそうです。

こちらの赤字での警告のページは、どのようなページかというと個人情報を入力するようなページで暗号化されていない場合に表示されるそうです。

なので、赤色の「安全ではありません。」のwebサイトの個人情報の入力はあまりよろしくないそうです。

十分注意しておかないといけないですね、、

このように、安全ではありません。

という警告が表示されるようになったのは、

「すべてのWebページは暗号化されていないとダメじゃない??」

という、風潮になっているそうなのでこのように厳しく、表示されるような仕様になっているそうです。

暗号化されているページのURL

こちらの

「https://」

こちらからはじまるURLはしっかりと暗号化されているそうです。

エンディング

さぁ、今回はみんなが何気に不安になる、Safariを利用していると

「安全ではありません。」

という警告がでる理由でした。いろいろWebも頑張ってくれているんですね。

それでは、みなさんも良きテクノロジーを。

その他の「テクノロジ〜」記事もぜひチェックして見てくださいね〜。

MacBook Airを使ってのスクリーンショット機能のテクニック

インスタ(Instagram)って気軽にフォローしてくれるいいね!も押してくれるよね?その理由は??

MacBookAirでスクリーンショットするやり方をついに覚えてしまった。

www(ワールドワイドウェブ)が30周年ということでなぜか俺がお祝いする記事。

今や日常生活の一部になったツイッターはそもそも何者??

iPhoneやiPadでの普段お世話になっているブラウザのSafariのバージョンを知る方法。

その他の活動

動画アプリのショールームしているのでぜひ来てみてくださいねー。

ありがとうございました。

僕の部屋の配信も観に来てくださいねー。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

One Reply to “SafariでURLのところに「安全ではありません。」と表示される理由。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です