新撰組の初代局長の芹沢鴨はお酒にだらしなく気性が荒いタイプの問題児??

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回は新撰組の初代局長の芹沢鴨です!!おぉー名前かっこいいですね。

芹沢鴨は気性が荒くていろいろな事件も起こしちゃっている問題児でもあったそうです。

特にお酒がらみでやらかす事が多かったそうですよ!!

さぁ、それでは新撰組の初代局長、芹沢鴨はどんな人物なのがレッツ散策〜。

芹沢鴨について

芹沢鴨は今の茨城県らへんの水戸藩出身だそうです。

最初から、芹沢鴨って名前ではなくてもともとは下村嗣次って名前やったそうですよ。

芹沢鴨は大阪力士騒動で大阪の力士達と乱闘事件をおこしている人物の1人ですね。なかなか気性に波があるガッツファイターやったんですね^^

その新撰組の大阪の屯所だった萬福寺の記事もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

天王寺区ににある萬福寺は新撰組のお泊まりスポットだった。

芹沢鴨はこんな感じでヤンチャッチャな性格やったそうです。芹沢鴨は新撰組に入る前に一度、死刑宣告をくらっているそうですよ。

天狗党」って言われる幕末あるあるの「日本をよくするぜ」でおなじみの思想の「尊王攘夷」を掲げてるんですけど、暴力行為しまくりお金巻き上げまくりのめちゃくちゃ評判悪い集団やったそうです。

その「天狗党」にいた時に幹部は拘束されて捕まった全員が死刑宣告を受けたそうなんですけど、政府の意向が変わって全員釈放されたそうです。大スクープですね。

それで、そのあと芹沢鴨は新撰組の前身の壬生浪士組にはいって壬生浪士組が新撰組に変わって初代局長まで上り詰めたそうです。

ちなみに、新撰組に入る時に下村嗣次から名前を変えて芹沢鴨と名乗ってるそうですよ。

悪さばっかしてた時代の下村嗣次って名前はいろいろ都合がよくなかったんでしょうかね??

にしても昔の時代って名前に対して変えたい放題やりたい放題せっせっせ。ですよね??名前の感覚が今と違うんですかね??

お酒に酔うとめんどくさいタイプの男、芹沢鴨

芹沢鴨はお酒が体内にはいるとダメ男になるタイプの人間だそうです。

遊郭で気にくわん事があってブチ切れて店を破壊してさらに営業停止にしたりしたそうですよ!!「うぉりゃーーー(ガチャンガチャン)営業停止じゃーー」、、、ってことがあったそうです。

なんちゅう理不尽野郎や!!

さらに、永倉新八ながくらしんぱちと2:2のコンパのような事をしてて1人の女性を部屋に連れ込んで「キモいねん」ってフられたら夜中に「帰れ帰れ!」っ女性を帰らせたそうです。

さらに、翌日にその女性の働いてるとこに「うぉりゃーーー」って乗り込んでいって丸坊主にさせたそうです。

コピペで、

なんちゅう理不尽野郎や!!

これ、翌日なので酔いさめてるんですかね??酔ってたら丸坊主じゃなくて芹沢鴨に撮ってブチ殺し案件やったかもしれないですね??

とにかく芹沢鴨はお酒を飲むと人が変わるタイプの人間やったそうです。ストレスがある人がお酒があると人が変わるってテレビで観たことあるので相当ストレスあったんですかね??

おい、素直になれよ!!

芹沢鴨が味方の新撰組に暗殺される悲しさ

芹沢鴨は新撰組の筆頭局長やったんですけど、そのひとつ下くらいの地位の近藤勇たちに暗殺されたそうです。

芹沢鴨はあまり慕われていなかったんでしょうかね??

新撰組は芹沢派と近藤派の二つの派閥のようなものがあったんですって。

近藤派には、沖田総司土方歳三たちがいたそうですよ!!この2人に近藤勇は幼い頃からずっと慕われていたそうです。

芹沢派には新見錦にいみにしきたちがいたそうです。新見錦にいみにしきってあまり知られていないですよね??

芹沢鴨がずっと暗殺されずに幕末から明治を駆け抜けてたらもっと新見錦にいみにしきも有名だったんかもしれないですね。その時、歴史は動いた(^ ^)

でも、芹沢鴨も新見錦もあまり素行がよろしくなかったそうです。

近藤勇たちはそういうのが結構しんどかったんかもしれないですね。

「芹沢鴨らのノリしんど!!」って三角座りしながら沖田総司や土方歳三たちと話し合ってたんかもしれないですね(^ ^)うんうん。

当時、芹沢鴨が暗殺された時は長州派の人に暗殺されたと伝えられていたそうですよ。

この事実が分かったのは明治に入ってから同じ新撰組で幹部やった永倉新八ながくらしんぱちたちが声を大にして暴露したそうです。

よっ!よーー言った!!!

永倉新八はめちゃくちゃ目撃してたそうです。

じゃあ当時の永倉新八の近藤勇たちに対しての心境は「えーー、、めっちゃウソついてるやん、、、」って感じやったんですかね??

ちなみに芹沢鴨の告別式は近藤勇が主で行われたそうですよ!!

「いや、どのツラさげてやってんねん!!」って永倉新八は思ってたんでしょうかね??

エンディング

さぁ、今回は新撰組の初代局長、芹沢鴨についてでした。

芹沢鴨はなかなかの実力の持ち主やったそうですけどお酒を飲むと気性が荒くなってしまうタイプで人望があまり厚くなかった人物なのかもですね。

でも、剣の腕は相当すごかったんだそうですよ!!そりゃあそうかなんたって新撰組の初代局長ですもんね(^ ^)

でも、芹沢鴨についてのデータは分かっていない事がまだまだ多いそうですよ!!これからも歴史探訪ですね。

今回は、そんなヤンチャッチャな芹沢鴨についてでした!!

それでは、みなさんも良きヒストリアを。

その他の偉人関連の記事もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

アニメとかゲームとか漫画でよく登場する新撰組の凄腕剣士の斎藤一。

実は坂本龍馬とともに薩長同盟の立役者だった武闘派の中岡慎太郎。

明治から大正にかけて279回もお遍路した中務茂兵衛。

少女時代に結婚したけどいろいろ苦労した秀頼と忠刻の妻、千姫。

神戸にある孫文記念館を散策

日本の牛鬼伝説について

親鸞和尚のいる清水寺近くにある霊山本廟をもとに親鸞を学ぶ。

姫路城に日本を代表する播州皿屋敷の話にでてくるお菊の井戸があった。


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

“新撰組の初代局長の芹沢鴨はお酒にだらしなく気性が荒いタイプの問題児??” への4件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です