【世界遺産検定一級への道】アープラヴァシ・ガート

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

すきあらば世界遺産検定一級を取得するための僕の勉強ブログになります。今回はモーリシャスの世界遺産「アープラヴァシ・ガート」になります。

それでは、さっそくどんな場所かレッツリサーチです。

アープラヴァシ・ガートについて

モーリシャスの首都ポートルイスにあり、契約移民労働制度を象徴する一画だそうです。

アープラヴァシ・ガートはヒンディー語で「移民海岸」や「移民発着所」という意味があるそうです。

奴隷解放令がおきてイギリスが契約移民労働という当時としては新しい発想の働き方だったそうです。働き方改革ですね。それの発祥の地らしいです。

契約社員みたいなことですよね。1834年の話なのでそんな昔からいろいろな働き方があったんですね。

かってに世界遺産検定1級のポイント

アープラヴァシ・ガートはヒンディー語で「移民海岸」「移民発着所」という意味

契約移民労働という概念が生まれた場所

エンディング

さぁ、今回はモーリシャスの世界遺産「アープラヴァシ・ガート」についてでした。これでまた僕も一歩と世界遺産検定1級に少し近づいたのかもしれませんね。

それでは、みなさんも良きワールドヘリテッジを。

その他の世界遺産検定の記事もあるのでぜひチェックしてみてください。

【世界遺産検定1級への道】魅力的な建築群のあるミャンマーのバガン。

【世界遺産検定一級への道】アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群メモ

世界遺産検定2級を持っているので1級を目指そうかな??

その他の活動

動画アプリのショールームしているのでぜひ来てみてくださいねー。

ありがとうございました。

僕の部屋の配信も観に来てくださいねー。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です