【世界遺産検定1級への道】ククの古代農耕遺跡

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

すきあらば世界遺産検定1級を取得するための僕の勉強ブログになります。今回はパプアニューギニアの世界遺産「ククの古代農耕遺跡」についてです。

それでは、さっそくどんな場所かレッツリサーチです。

ククの古代農耕遺跡について

ククの古代農耕遺跡はパプアニューギニアの南部にあります。なんと7000年前から農耕が行われていたそうです。

パプアニューギニアで最も古い農業跡地なんですって。農具を使ってバナナの栽培を4000年前からすでにしていたとされているそうですよ。すごい!

このククの古代農耕遺跡の世界遺産は人類の農耕の歴史としてかなり重要な場所になっているそうです。

かってに世界遺産検定1級のポイント

パプアニューギニアで最も古い農業跡地

4000年前から農具を使ったバナナの栽培

エンディング

さぁ、今回はパプアニューギニアの世界遺産「ククの古代農耕遺跡」についてでした。これでまた僕も一歩と世界遺産検定1級に近いたのかもしれませんね。

それでは、みなさんも良きワールドヘリテッジを。

その他の世界遺産検定の記事もあるのでぜひチェックしてみてください。

【世界遺産検定1級への道】魅力的な建築群のあるミャンマーのバガン。

【世界遺産検定一級への道】アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群メモ

世界遺産検定2級を持っているので1級を目指そうかな??

その他の活動

動画アプリのショールームしているのでぜひ来てみてくださいねー。

ありがとうございました。

僕の部屋の配信も観に来てくださいねー。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です