伊達政宗につかえて武将をして天皇の血筋でローマ貴族にもんった支倉常長(はせくらつねなが)

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回は支倉常長はせくらつねながについてです。支倉常長はせくらつねながは天皇の血筋でありながら伊達政宗の家臣としても活躍した人です。

さらにさらにローマ貴族にもなったそうです。貴族??どういうこと??

今回は意味わからん経歴の支倉常長をレッツリサーチ。

支倉常長について

支倉常長はせくらつねながは安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍した武将なんですって。

すごい血筋の人みたいで、なんとあの桓武天皇の血筋でありながら伊達氏の家臣として戦ってたんですって。すげーー!!

さらにさらに、伊達政宗の指令で「慶長遣欧使節団」としてヨーロッパに渡航してローマ貴族にもなったそうですよ!!すげーーー!!!

ローマ貴族になったのは最初、支倉常長はせくらつねながらの慶長遣欧使節団はスペイン国王に貿易の交渉に行ったそうです。

交渉内容はキリスト教の布教活動をもっと日本でもしてほしいとかそういう事だそうです。でも、8カ月交渉続けても全然いい返事がくれなくて、

「やばっ!どうしよ!帰れん、、」ってなってローマに行ってローマ法皇のもとに行ったら歓迎ムードやってローマ貴族の地位もくれたそうです。

なんてこった!、

支倉常長の名前は「六右衛門」やったそうなんですけど、後世になってから作られた家系図で「支倉常長」って名前ですけど、本人の記述とかでは「六右衛門」って書いてるそうです。

慶長遣欧使節団の末裔が現在もスペインにいる??

慶長遣欧使節が帰る一年前くらいに禁教令がだされてキリスト教が禁止されて日本に帰りたくても帰れんくなっちゃったった状態になったそうな?

徳川家康が天下とってなかなか政治の方針が変わってもろにダメージ受けてますね、、、

それで、その子孫が今もスペインのコリア・デル・リオというところにハポンっていうスペイン語で日本という意味の名前のついた一族がいるそうです。

そのハポン達が慶長遣欧使節団の末裔たちって言われているんですって。てか、派遣されていって帰って来れるんくなるってすごいですね、、すごすごすごですね。

エンディング

さぁ、今回はローマ貴族であり桓武天皇の血筋であり伊達家の家臣でもあった支倉常長はせくらつねながでした。

宮城県仙台市には支倉常長の銅像もありましたよー!!

それでは、みなさんも良きヒストリアを。

その他の偉人関連の記事もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

新撰組初代局長の近藤勇はとにかく最強剣士だった、、そうあの日までは。

yahoo!などで小学生たちによく検索されているフランスの点字の発明者、ルイ・ブライユ。

強行政治?をしたといわれる井伊直弼のざっくりした教科書に載ってる歴史的な行動。

「伝説のパンクロッカー」のような生き様の新撰組の最強剣士のモテモテ男、沖田総司。

新撰組の「鬼の副長」の異名を持つイケメン剣士の土方歳三。

アニメとかゲームとか漫画でよく登場する新撰組の凄腕剣士の斎藤一。

実は坂本龍馬とともに薩長同盟の立役者だった武闘派の中岡慎太郎。

明治から大正にかけて279回もお遍路した中務茂兵衛。

少女時代に結婚したけどいろいろ苦労した秀頼と忠刻の妻、千姫。

神戸にある孫文記念館を散策

日本の牛鬼伝説について

親鸞和尚のいる清水寺近くにある霊山本廟をもとに親鸞を学ぶ。

姫路城に日本を代表する播州皿屋敷の話にでてくるお菊の井戸があった。


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です