漫画のゴールデンカムイにでてくるアイヌの民族文化

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回は北海道のアイヌの民族文化についてです。最近、僕が北海道の樺太を舞台にした漫画「ゴールデンカムイ」を読んでいるから調べてみました。

ゴールデンカムイは北海道の明治の末期で日露戦争終結後を舞台にしているそうです。

ちなみに「カムイ」の意味は「」って意味だそうでーす。

という訳で今回はアイヌの文化などについていろいろ調べてみましたー。

アイヌ民族の歴史について

アイヌの歴史は少しどこからが歴史の始まりか難しいよーです。そこまで、研究が盛んに進んできたわけではないのだとか??これからなんですね!

アイヌの文化がはじまりだしたのは12〜13世紀ころと言われてて記録が残されだしたのは15世紀ころになるそうですよ。

日本の15世紀は室町時代ですね。

もともと、アイヌは文字をもたない文化やったそうですよ。文字を持たずコミュニケーションを取れるってすごい高等テクニックですね。

居住エリアは

北海道(蝦夷ヶ島)

サハリン(樺太)

千島列島

になるそうです。結構、広範囲で居住してるんですね(^ ^)

寒さの厳しい北海道エリアで狩猟を主として生活していたそうです。サバイバルサバイバルですね!!

熊を信仰する?文化もあるのだとか!!リスペクトですね。「クマ祭り」というのがあるそうです。

普段から熊を狩猟して毛皮などを頂くということで、熊には感謝をこめて崇高しているそうです。

「あの世に送り返す」?的な事だそうです。とにかく感謝しているのですね。

実は日常になじんでる、みんなよく使ってるアイヌ語

実は僕らが普段生活している上で普通にアイヌ語を使っているそうですよ!!

マジか!!おえおえ、早く教えろよ!!

ラッコ

シシャモ

トナカイ

 

これは、アイヌの言葉だそうですよ!!

マジかーー!!

あと、雑誌の「non-no」もアイヌの言葉だそーです。「花」って意味だそうですよ^^

うおーーー!!これで、今日からウンチクくんになれますね。

ちなみに「こんにちわ」はアイヌの言葉で「イランカラプテ」言うそうです。

あと、ゴールデンカムイでよくでてくる言葉「ヒンナ」は美味しいですね(^ ^)ゴールデンカムイ読んでる人はお馴染みなはずだ!!

エンディング

さぁ、今回は僕が漫画「ゴールデンカムイ」にはまっているということで色々とアイヌの文化が詳細にでてくるのでいろいろと調べてみました。

いろいろアイヌの事は学校でも少し勉強したけど全然、覚えていませんでしたということでした。「ヒンナ、ヒンナ」

それでは、みなさんも良きヒストリアを。

その他の偉人関連の記事もあるのでぜひチェックしてみてください〜。

新撰組初代局長の近藤勇はとにかく最強剣士だった、、そうあの日までは。

yahoo!などで小学生たちによく検索されているフランスの点字の発明者、ルイ・ブライユ。

強行政治?をしたといわれる井伊直弼のざっくりした教科書に載ってる歴史的な行動。

「伝説のパンクロッカー」のような生き様の新撰組の最強剣士のモテモテ男、沖田総司。

新撰組の「鬼の副長」の異名を持つイケメン剣士の土方歳三。

アニメとかゲームとか漫画でよく登場する新撰組の凄腕剣士の斎藤一。

実は坂本龍馬とともに薩長同盟の立役者だった武闘派の中岡慎太郎。

明治から大正にかけて279回もお遍路した中務茂兵衛。

少女時代に結婚したけどいろいろ苦労した秀頼と忠刻の妻、千姫。

神戸にある孫文記念館を散策

日本の牛鬼伝説について

親鸞和尚のいる清水寺近くにある霊山本廟をもとに親鸞を学ぶ。

姫路城に日本を代表する播州皿屋敷の話にでてくるお菊の井戸があった。


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

3 Replies to “漫画のゴールデンカムイにでてくるアイヌの民族文化”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です