一年がたつのが早いというのは幻想なのかもしれない??

みなさん、りゅうです。

さぁ、秋も終盤にさしかかってますかね?最近は寒いですね。

とにかく寒い。朝起きたときなんかたまったもんじゃないよ、、、布団をもう3枚かけて寝ています。

あっと言う間ですよね、、、1年が経つというのは、、なんかこんな感じの事を去年も書いてたと思いすけど、それが昨日のようにはさすがに感じないですけど、、、最近の感じはします。

昨日は家の片付けをしていました。はっきりと覚えております。

なんで歳を重ねるに連れて1年すぎるのが早いのかと言うと、体験の重複が原因というのをなんか聞いた事あるような??

なんというか、大人になるとあんまり感動がなくなるのは、、

「はいはい、このパターンね。」「このパターンの感動のさせかたね。」「そうそう。これ感動するよな」

みたいに経験値を積んでるから1年が早く感じるんだとか??

てことは、1年が早く感じる人はみんな経験値の高い人材って事ですね。

小さい頃は1つ1つの行事が待ち遠しかったのに今は、あっ!今日はこの行事の日かってくらいですよね。

行事っていうかイベントですね。

経験値が高ければ1年が早く感じるはウソ??

でも、本当にいろいろな体験をする同じ事の繰り返しがおおくなると1年が早く感じるのは本当なのでしょうか?

なぜなら、僕が1年で1番長く感じてたのは高校の3年間です。

根こそぎ3年間かい!!!3年間、毎日同じような事の繰り返しはさすがに少し応えました、、、

なぜ、同じ事の繰り返しかと言うとサッカーをしていたということもあり寮生活をしていたからです。

ただただ寮生活をしているだけならまだ1年を早く感じてたかも知れませんが、とにかく僕らはスケジュール管理をされていました。

朝は

5:30 起床 朝食(ご飯3杯)

6:30 点呼

7:30 朝練

8:30〜14:00 学校

14:30〜18:30 サッカー

19:30 夕食(ご飯3杯)

21:45 点呼

22:00 寮掃除

22:30 消灯

たしか、多少間違ってそうですけど、、こんな感じの生活リズムを毎日繰り返していました。

やっぱり今想像してもちょっとキツいですね。

まぁ、それはさておきこれを毎日同じ事の繰り返しなら普通に早く1年が過ぎなければいけないはずなのに、ものすごく1年が長く感じたではないか、、

おい、理論にそってないじゃないか??なので、この検証はまだ謎のままということにしましょう。

エンディング

さあ、今回は「一年がたつのが早いな!!」って言うけどこれは本当に早いのか?ってことでした。

それでは、みなさんも良き日々を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です