【世界遺産検定1級への道】出稼ぎだぜ!セウェル鉱山都市

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

すきあらば世界遺産検定1級を取得するための勉強ブログです。今回は南米チリの世界遺産「セウェル鉱山都市」についてです。

こちらの世界遺産の街は銅山で働く人のために作られた街だそうです。

さぁ、それではさっそくどんな場所かレッツリサーチ。

セウェル鉱山都市について

こちらは先進工業国、他の国の融資によって開発された都市なんですって。セウェル鉱山都市はアンデス山脈の急斜面にエル・テニエンテ銅山で働く労働者のための街になるそうです。

先進工業国は銅がほしくて融資したんですね。人口が1万5000人くらいおったそうなんですけど、国営化してから人が少なくなってったそうです。国営化は良くないんですかね?

1980年には街の役割は終わったそうですけど、今でも当時の19世紀くらいのアメリカンな感じの街並みが保存されているそうですよ。

かってに世界遺産検定1級のポイント

アンデス山脈の急斜面にある都市

エル・テニエンテ銅山でみんな働いていた

エンディング

さぁ、今回は南米チリの世界遺産「セウェル鉱山都市」についてでした。これで、また僕も一歩と世界遺産検定1級に近づいたかもしれませんね。

それでは、みなさんも良きワールドヘリテッジを。

その他の世界遺産検定の記事もあるのでぜひチェックしてみてください。

【世界遺産検定1級への道】魅力的な建築群のあるミャンマーのバガン。

【世界遺産検定一級への道】アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群メモ

世界遺産検定2級を持っているので1級を目指そうかな??

その他の活動

動画アプリのショールームしているのでぜひ来てみてくださいねー。

ありがとうございました。

僕の部屋の配信も観に来てくださいねー。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です