【世界遺産検定1級への道】アンデス文明の始まりの地?チャビンの考古遺跡

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

すきあらば世界遺産検定1級を取得するための勉強ブログです。今回はペルーの世界遺産「チャビンの考古遺跡」についてです。

なにやらアンデス文明の起源の場所だそうですよ。それでは、さっそくどんな場所かレッツリサーチ。

チャビンの考古遺跡について

チャビンの考古遺跡はペルーにあるブランカ三群の高地にある神殿の遺跡になるそうですね。

地下回廊あったりで、ドラクエと思ってくれたら想像しやすいかもしれないですね。とにかくチャビン文化がつまっている場所になるそうです。

ジャガーを擬人化した主神体ランソン像とかもあるそうですよ。ドラクエって感じでしょう。この場所がアンデス文明の起源とされているそうです。

かってに世界遺産検定1級のポイント

ジャガーを擬人化したランソン像がある

アンデス文明の起源の場所とされてる

エンディング

さぁ、今回はペルーのアンデス文明の起源とされている世界遺産「チャビンの考古遺跡」についてでした。

これで、また僕も一歩世界遺産検定1級に近づいたのかもしれませんね。それでは、みなさんも良きワールドヘリテッジを

その他の世界遺産検定の記事もあるのでぜひチェックしてみてください。

【世界遺産検定1級への道】魅力的な建築群のあるミャンマーのバガン。

【世界遺産検定一級への道】アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群メモ

世界遺産検定2級を持っているので1級を目指そうかな??

その他の活動

動画アプリのショールームしているのでぜひ来てみてくださいねー。

ありがとうございました。

僕の部屋の配信も観に来てくださいねー。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です