【世界遺産検定1級への道】人々が離れていった島。セント・キルダ諸島

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

すきあらば世界遺産検定1級を取得するための僕の勉強ブログです。今回はイギリスの世界遺産「セント・キルダ諸島」についてです。

さぁ、それではどんな世界遺産なのかレッツリサーチ。

セント・キルダ諸島について

この島は火山活動でできた島だそうですよ。海鳥の繁殖地になっているそうです。2000以上も前の巨大遺跡があったりして人々の生活もあったそうです。

島の人口は180人以上を超える事がなかったそうです。昔は海賊が住んでいたそうです。

動物や固有の植物もたくさんいる場所にもなっているそうです。

1930年に島に住んでいた人達は本土に移住しちゃったそうです。これは、第一次世界大戦が一つのきっかけになっちゃったりもしてるんだとか。

こちらは複合遺産として文化的にも自然的にも評価のある遺産になっておるそうです。

こちらに行くには上陸制限が設けられているそうです。

勝手に世界遺産検定1級のポイント

海鳥の繁殖地になっている

2000年以上前の巨大遺跡がある

エンディング

さぁ、今回はイギリスの世界遺産「セント・キルダ諸島」についてでした。これでまた僕も一歩と世界遺産検定1級に近づいたのかもしれませんですね。

それでは、みなさんは良きワールドヘリテッジを。

その他の世界遺産検定の記事もあるのでぜひチェックしてみてください。

【世界遺産検定1級への道】魅力的な建築群のあるミャンマーのバガン。

【世界遺産検定一級への道】アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群メモ

世界遺産検定2級を持っているので1級を目指そうかな??

その他の活動

動画アプリのショールームしているのでぜひ来てみてくださいねー。

ありがとうございました。

僕の部屋の配信も観に来てくださいねー。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です