【世界遺産検定1級への道】ビガンの歴史地区

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

さぁ、今回はすきあらば僕が世界遺産検定を1級を取得するための勉強ブログになります。

フィリピンの世界遺産「ビガンの歴史地区」についてです。スペインに征服されていた場所になって頃の面影が残っている地域になっているそうです。

それでは、さっそくビガンの歴史地区はどのような場所かレッツリサーチ。

ビガンの歴史地区について

ビガンはフィリピンの北部にあるルソン島の南シナ海にある港町になるそうです。

スペインの植民地時代の街並みが残っているのがウリだそうです。スペインの植民地だったので中国やメキシコと交易の場所として栄えた場所になるそうです。

建物はスペイン風の白壁とかの外観なんですけど、構造は中国やフィリピンの昔からある建築様式なんだそうですよ。

道は石畳のストリートになっているうです。これはスペインや中国の影響を受けているそうです。基盤目状につくられているそうですよ。

観光で行くと街並みはすごく綺麗なんだそうですよ。

かってに世界遺産検定1級のポイント

スペイン植民地時代の面影が残ってる場所

白壁はスペイン風だけ中国やフィリピンの昔ながらの建築様式になるそうです。

エンディング

さぁ、今回はフィリピンの世界遺産「ビガンの歴史地区」についてでした。これで世界遺産検定1級にまた少し一歩近づいたのではないでしょうか。

それでは、みなさんも良きワールドヘリテッジを

その他の世界遺産検定の記事もあるのでぜひチェックしてみてください。

【世界遺産検定1級への道】魅力的な建築群のあるミャンマーのバガン。

【世界遺産検定一級への道】アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群メモ

世界遺産検定2級を持っているので1級を目指そうかな??

その他の活動

動画アプリのショールームしているのでぜひ来てみてくださいねー。

ありがとうございました。

僕の部屋の配信も観に来てくださいねー。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です