【世界遺産検定1級への道】タヌスの岩画面

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

今回はすきあらば世界遺産検定1級を取得するための勉強ブログです。

スウェーデンの世界遺産「タヌスの岩画面」についてです。

スウェーデンとノルウェー近くにある先史時代の岩絵の世界遺産になります。それでは、さっそくどんなところなのかレッツリサーチ

タヌスの岩画面について

紀元前1500〜前500年くらいの青銅器時代に描かれた岩絵になるそうです。

この岩絵は武器とか乗り物とか人とか動物とか4万種のパターンがあるそうですよ。こちらの絵は花崗岩に刻まれているそうです。

この絵の描き方の技法はノルウェーの世界遺産「アルタのロック・アート」とすごく似ているそうです。

こちらの貴重な岩絵はスカンジナビアの先史時代を知るための重要な場所になっているそうです。

かってに世界遺産検定1級のポイント

紀元前1500〜500年前くらいの青銅器時代の岩絵

絵のパターンは4万種くらいある。

エンディング

さぁ、今回はスウェーデンの世界遺産「タヌスの岩画面」についてでした。これで、世界遺産検定1級に少し近づいたぜ。

それでは、みなさんも良きワールドヘリテッジを。

その他の世界遺産検定の記事もあるのでぜひチェックしてみてください。

【世界遺産検定1級への道】魅力的な建築群のあるミャンマーのバガン。

【世界遺産検定一級への道】アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群メモ

世界遺産検定2級を持っているので1級を目指そうかな??

その他の活動

動画アプリのショールームしているのでぜひ来てみてくださいねー。

ありがとうございました。

僕の部屋の配信も観に来てくださいねー。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です