【世界遺産検定1級への道】魅力的な建築群のあるミャンマーのバガン。

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

さぁ、すきあらば世界遺産検定1級を僕が取得できたらなと試みるための勉強ブログです。

今回はミャンマーの世界遺産『バガン』です。バガンは2019年に世界遺産に登録されたばかりのスポットです。さぁ、どんなところなのでしょう?さっそくレッツリサーチ。

バガンについて

去年(2019年)に世界遺産に登録された約3500の塔が魅力的な場所です。去年に世界遺産登録されたとはいえ、1000年の歴史があるところになるそうですよ。

エーラワーディ川の東側にバガンが都を築いてバガン王朝の誕生したそうです。バガンは初めてここらへんを統一した王朝になるそうです。

王宮跡もあって240年間栄えたゆたかな王国やったそうです。

当時のなごりも残ってるとこで1000年前の水路が今もつかわれてたり修行僧がほどこしもらいに民家をまわる習慣は当時からずっと続いているそうですよ。

仏塔があって正面がないのでどこからでも祈れる仕組みになっているそうです。これは中国の天壇と同じスタイルとってますね。

中国の観光地で世界遺産の天壇公園は地元の人らの遊び場!楽しそう。

バガンは建築も魅力的でアーナンダ寺院は東南アジア三代仏教遺跡になるそうです。

東南アジア三代仏教遺跡

カンボジア、アンコールワット

インドネシア、ボロブドゥール寺院

ミャンマー、アーナンダ寺院

こんな感じですね。東南アジアっていう縛りがまたいいですね。こんな感じでミャンマーのバガンは世界遺産には去年なったばかりですが、見どころ満載だそうですよ。

その他にも、バガンで1番大きいダマヤンジー寺院や山の頂にあるタンチータウン仏塔など独特な建築がバガンにはたくさんあるところになるそうですよ。行ってみたいですね。

ちなみに現地では、気球で上から遺跡を見渡せるそうです。

かってに世界遺産検定1級のポイント

去年登録されたばかりなので特にこんなところがあるんだなで良いと思います。(どないやねん!ってやつです。)

エンディング

さぁ、今回は2019年に世界遺産に登録されたバガンについてでした、これでまた世界遺産検定1級に一歩近づきましたね。

それでは、みなさんも良きワールドヘリテッジを。

その他の世界遺産検定の記事もあるのでぜひチェックしてみてください。

【世界遺産検定一級への道】アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群メモ

世界遺産検定2級を持っているので1級を目指そうかな??

その他の活動

動画アプリのショールームしているのでぜひ来てみてくださいねー。

ありがとうございました。

僕の部屋の配信も観に来てくださいねー。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

 

“【世界遺産検定1級への道】魅力的な建築群のあるミャンマーのバガン。” への96件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です