【世界遺産検定1級への道】ウィランドラ湖地域

みなさん、りゅう@kawamuraryuです。

さぁ、すきあらば僕が世界遺産検定1級を受かるための軌跡のブログ記事になります。今回はオーストラリアにある世界遺産「ウィランドラ湖地域」についてです。

さぁ、それではさっそくレッツリサーチ

ウィランドラ湖地域について

ウィランドラ湖は湖という名前がついているけど現在は水がないという名前とは一致してない珍しいタイプの世界遺産です。ここは湖の化石とも呼ばれるているんだとか。

1万5000年以上前には湖が存在していてすべて干上がったそうです。昔、湖があったので湖の名前がついてるんですね。現在は砂漠地帯になっているそうです。絶景ではあるようですね。

このウィランドラ湖地域ではホモ・サピエンス・サピエンス(新人)の骨が発見されたそうです。さらに2万年前の人の足跡とか500あまりみつかってる男女大人子供の化石が見つかってるそうです。

確実に人類の歴史の貴重は地域ですね。貝塚も残っていて生活をしてる感じもしっかり遺跡として残ってるそうです。バレちゃいましたね。

ウィンラン湖地域は大小たくさん湖があってその中でもマンゴ湖という湖が一番大きかったそうなのですが、そこでは、マンゴマンっていう4万年前の男の遺跡がでたそうです。

マンゴマンの化石は1974年に発見されて黄土で覆われて発見されたそうで、これは最古の埋葬方法と呼ばれていて、この発見されたマンゴマンは何かしらの貢献者やったとされているそうです。

この辺のウィランドラ湖地域が干上がる前は動物がいっぱいいてウォンバットとかネズミカンガルーーの骨とかが発見されていて70種以上も動物が生息していたエリアと言われているそうです。

ルネっトという三日月の形した丘がある砂丘もあり、湖の遺跡としの痕跡もしっかり残っているようです。

そんなたくさんの歴史が残るヴィランドラは聖地になっていてアボリジニが現在も守ってるそうです。そういうのオーストラリア感じますね。

かってに世界遺産検定1級のポイント

ウィランドラ湖が存在してたのは1万5000年前。現在は砂漠地帯

ホモ・サピエンス・サピエンス(新人)の化石が発見されてる。

世界遺産の登録しては複合遺産の扱い

エンディング

さぁ、今回は「ウィランドラ湖地域」についてでした。人類や地球の歴史の世界遺産でしたね。これで、また世界遺産検定1級に一歩近づきました。

それでは、みなさんも良きワールドヘリテッジを。

その他の世界遺産検定の記事もあるのでぜひチェックしてみてください。

【世界遺産検定一級への道】アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群メモ

世界遺産検定2級を持っているので1級を目指そうかな??

その他の活動

動画アプリのショールームしているのでぜひ来てみてくださいねー。

ありがとうございました。

僕の部屋の配信も観に来てくださいねー。

https://www.showroom-live.com/kawamuraryu


プロフィールでりゅう@kawamuraryuのこと詳しくなってくださいね〜。

プロフィール


Twitter@kawamuraryu他にもいろいろしているのでぜひみてみてくださいね〜!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です